2011年9月23日 (金)

予約しました、限定パウダー

コスメデコルテの40周年を記念して発売される限定フェイスパウダー、マルセル・ワンダースコレクション。予約してきちゃいました。

Mwpowder1
Mwpowder2
画像はパンフからです。

ケースにレフィル2個付きです。って言うから、本体+レフィル2個で3個分!?と思ったら違うのね。実質、本体+レフィル1個って話でした。お値段25000円です。2万円のミリパウダーより高いじゃん…って最初思ったけど、レフィルが1個ついてるならお得かなー。
予約受付は10月16日までだそうです。お渡しは12月1日。

いいなーと思ったのは、成分はミリに近いということ。ミリパウダーとAQパウダーを比べてみると、やっぱり美容成分はミリが上。ミリと同等ならいいな、と。

ただ今回はパウダーじゃなくてプレストです。そしてミリよりカバー力あるそうです。実際、色もミリではピンクでしたが、限定パウダーはベージュでした。

ミリはある意味カバー力のなさが魅力だったんだけど…カバー力ねぇ…と思いつつ、タッチアップ。
結果。良かったです(笑)。
ふんわりツルツル~♪ この感触はまさにミリ。
そして色がベージュな分、カバー力はやっぱりあります。これは良いのか悪いのか…。使ってみないと良く分からないかな。現行のミリかAQパウダーと、気分で使い分けしてもいいですしね。

正直、ケースが使い終わったら小物入れにと言われてもピンとこないし、持ち歩き出来ないのにプレストである意味もわからないけど、結局予約しました。
だって、コスメデコルテの受注限定品なんだもん。なんだかんだ愛しているのです、うん。

| | コメント (2)

2011年9月19日 (月)

ホクロ取りました~手術編・1~

顔にあるホクロを取りました!

体中にたくさんホクロはあるのですが、今までさほど気にしたことはありませんでした。
顔のホクロが気になったのは、盛り上がっているホクロの根元がかゆくなることがあったこと。これ、大丈夫なのかな?と思ってて。

でも、取ろうと思ったきっかけは、
ホクロから毛が生えてた。

大きいホクロから毛が生えてたのは分かってたから抜いてたけど、小さいホクロからまで! あーもー許せないっ。
ってことで、クリニックでホクロ除去手術をしてきました。取ったホクロは2つ。5mmくらいの結構大き目のホクロと、2mmくらいの小さなホクロ。どちらも盛り上がっているタイプです。

ホクロはレーザーでも取れるのですが、盛り上がっているホクロはメスで切って縫い合わせる外科手術だと再発することがないと言われ、そうしました。この場合、保険適用です。

事前にアレルギーの検査がありました。そこでOKが出たところで、手術の日を決め、説明を受けました。
食事は普通に取ってもいいとか、化粧はしないで来るようにとか、当日のお風呂・シャワーはNGとか。

で、手術当日です。
特に手術着に着替えたりとかはなかったです。手術台に寝かされ、血圧測定器をセットされ、点滴が始まると(抗生物質だったのかな?)高まる緊張感(笑)。
ホクロの周囲に麻酔を打たれるのですが、これは歯医者の麻酔と同じ感じ。ジクーッ、ジクーッと、数箇所打たれます。さほど痛みはありません。

麻酔が効いてからは、本当に痛みはなかったです。ただ、ぐいぐい引っ張られて縫われている感触とかはあります…^^;

手術自体は、20分くらい? 顔に大きなガーゼを貼られ、診察を受け、化膿止めや痛み止めを処方されて終了。全部で1時間くらいでした。
特に何ということもないのですけど、ガーゼで周りの人をビビらせるので、手術当日は外出の予定は入れない方がいいなと思いました。

薬が切れる時間帯になると少し痛みが出ましたが、さほど問題もなく。翌日は消毒のために診察を受け、ここでも問題なし。2日目からは絆創膏になり、ガーゼほどは目立たなくなります。

今はこの段階。7日目に抜糸です。顔が黒い糸で縫われていて、我ながら怖いです(笑)。

| | コメント (0)

2011年9月17日 (土)

シミ取りその後

前の更新から一ヶ月経ってましたcoldsweats01

この間にもホクロを取ってみたりとかしているのですが、それは次にして…

前回の記事で「カサブタになる気配を見せない」と書いた直後、「あれ? 表面がかさついてる?」と気が付き。次の日には無事、シミがカサブタとして剥がれました。
カサブタという言い方をしていますが、日焼けした肌が剥ける感じが一番近いです。

シミが取れた後の肌はピンク色の薄い皮がある状態で、周囲の肌とはちょっと質感が違います。徐々に厚くなっていって、周囲の肌と馴染むようになるのですが。
この後、3割程度の人は、一時的にシミの色が戻るような現象が起こるそうです。また色は抜けるそうなんですけど、レーザーの後、シミが戻ったら焦りますよね。

クリニックでは、皮膚の漂白剤とも言われるハイドロキノンのクリームを処方されます。
これが安いんです~。5gで1000円だったかな。これはシミの跡以外の色ムラとか気になる部分にも、先生と相談して使用しています。

せっかくレーザーして取ったんだから、しっかり紫外線カットして、もう再発しないように気をつけよー!と思ってます。

| | コメント (0)

2011年8月16日 (火)

レーザーでシミ取り中

子供の頃から色白だったせいなのか? シミやホクロが人一倍出来やすい体質だと自覚があります。積極的に日焼けをした訳でもないのに、シミが多いこと多いこと…。

最近、頬にある一番大きいシミにレーザーを当てました。
レーザーの種類はQスイッチルビーレーザーです。

シミにレーザーを当てると、シミによっては、炭のように真っ黒になります。これは化粧では隠せません。
これがカサブタになって取れて、下からピンクの肌が出てきて、やがて周囲の肌と馴染んでいきます。
だからレーザーでシミ取り、と簡単に言うけど、実際は手間も時間もかかります。レーザーを当てた後は絶対に日焼けしちゃいけないし(紫外線に無防備な状態になっているため。紫外線に当ててしまうと、せっかく取ったシミが再発してしまう)。

今回レーザーは、連休初日に施術してもらいました。一番酷い時期に会社に行かないでいいから、という考えですが、我ながらどうして紫外線の強いこの時期にわざわざレーザー…と思わないでもなかったです(笑)。

これが途中経過の写真です。
Simi_2011816
真っ黒ってほどではないですけど、明らかに不自然な茶色さ。実は以前このシミは一度レーザーを当てているので、多少は薄くなってたんです。初回の時はもっと黒かったです。

で、これ、取ろうと思ったシミの形ではなく、レーザーを当てた6箇所が丸く黒くなってます。
ということは、シミの部分だけではなく、どの場所にもシミの元になるメラニンがいたということですね。怖い~~coldsweats01
まだカサブタになる気配を見せないけど、ちゃんと剥がれてくれるかなぁ…。

クリニックで指導されて、レーザーした場所にはワセリン塗って、絆創膏を貼ってます。会社で何ソレ?と聞かれまくりでしょうね~。なんて答えよう?(笑)

| | コメント (0)

2011年8月14日 (日)

徹底UVAカット

怖いですよねー、紫外線。

先日、雑誌の記事が目に留まりました。それは「UVAの徹底カットで肝斑などのシミが薄くなる」というもの。
日本人女性を対象にUVAカットの日焼け止めの試験を行った結果、UVカット有りの被験者は、元からあるシミが薄くなり、美白化されるケースがあったそうです。

「シミ予防」として日焼け止めを使うのは常識ですが、日焼け止めを使うことで元からあるシミまで薄くするなんてすごい!
と言うことで、買ってみましたその日焼け止め。

■ラ ロッシュ ポゼ UVイデアXL
Uvidea
実験に使われていたのがこの日焼け止めでした。30g、3570円。
ラ ロッシュ ポゼはUVA防御のパイオニアなんですね。独自のUVAカット成分メギゾリルが配合されているそうです。

画像はUVイデアのキットです。UVイデア現品に、スプレー式化粧水とポーチが付いていて、お値段変わらず♪ お得でした。
早速明日から使ってみます!

| | コメント (2)

2011年7月31日 (日)

容器が残念です

クレンジングはクリーム派、ですが、疲れている時はそれなりに大変だったりします。
ので、楽かなぁ?と購入してみたのがこちら。

■コスメデコルテ AQMW クレンジングミルク
Aqmw_cleansing_milk

150ml、6000円です。オイル配合のミルククレンジングです。

とりあえず…容器が使いづらいっ!
蓋を下にして立てておくと、使う時に蓋の方に少し出てしまっている。かと言って、蓋を上にすると自立出来ないし…。

もう、容器が使いづらい点で私としてはペケです。リピートはないですね…。

使い心地は、悪くなかったです。
オイル配合とは言え、そこはコスメデコルテのクレンジングミルク。優しくメイクを落として、肌を乾燥させるようなことはありません。テクスチャーはかなり柔らかめで、うっかりするとたれてしまうくらい。
メイクの落ちはまあまあ。すぐにオイル化して、素早く馴染んで落としてくれます。落ちに関しては、ちょっと中途半端な感じもしましたが…。
香りはMW共通の甘い白檀で、私は好きです。良い香りに包まれるのは幸せ~。

とにかく容器がもう少し使いやすかったらな~。
AQMWはライン使いもしてないし、これでなきゃ!という決め手には欠けました。

| | コメント (0)

2011年7月10日 (日)

4ヶ月ぶりの再会

今日、4ヶ月ぶりに担当BAさんにお会いすることが出来ました。

私が通っているお店にはコーセーのBAさんが二人入っているのですが、そのうちのお一人と、ようやく。
お話を聞いたら、二人とも津波と原発で帰る家を奪われたそうです。とても無事で良かったとは軽々しく言えません…。

本日のお買い物。
ホワイトサイエンスプレミアムに切り替えです。クレンジングはいつものクリームにプラスして、新しくラインナップに加わったというジェルオイルも購入してみました。暑い夏、クリームは重い時がありますから。
Wsp

ちなみに、乳液・化粧水で美白効果を実感したのは、このホワイトサイエンスプレミアムが初めてでした。

| | コメント (6)

2011年7月 3日 (日)

免疫力低下中~

3/11についての記事が中途半端ですが、なかなか長い文章を書く気力が出なくて…。

1ヶ月も風邪が治らなかったり、ヘルペス出まくったりで、免疫力低下中です。なんとか…少し筋肉と体力つけないと…。体力は落ちてるのに、ストレス太りから戻れないsweat02

爪…真ん中から下半分、波打っちゃってます。震災の頃から伸びた分ですね。以前、体を壊した時も爪が波打ちました。震災時、大きく体調は崩さなかったので、ストレスが原因なんだろうと思ってます。

毎日放射線量を横目で眺めながら(普通にテレビで流れる)、クリニックでレーザー打ったり(経過良好)、サプリを投入したり、本を読んだりして暮らしてます。

とりあえず報告まで。なんとか元気です。

| | コメント (0)

2011年6月26日 (日)

3.11 あの日の記憶・1

忘れないうちに書いておこうと思います。あの日の記憶。

3/11の午後。会社の自席でいつものようにPCに向かっていました。
その時、一斉に皆の携帯が鳴り出しました。緊急地震速報。
以前に一度聞いていたのが幸いしました。最初に鳴った日は、なんだか分からなくて戸惑ったから。今回は皆がさっと緊張して、「地震が来る!」と声が上がりました。すぐに作業していたデータを保存しました。

それから30秒ほどだったと思います。建物が揺れ始めました。

私の頭の真上には、天井から吊り下げられた防煙壁がありました。大きな建物を見ると付いてるんだけど、消防法で設置が定められているガラスの板。以前は通路の上にあったのに、レイアウト変更で机の真上に来てしまっていました。
前々から、大きな地震が来て頭の上に落ちてきたら死んじゃうよ~と言ってたので、まずは椅子を引いて、防煙壁の真下から逃げました。

それまで、地震というものは、数十秒経てば収まるものでした。
だけど、あの日の地震は違いました。何十秒経っても収まらず、しかも揺れが大きくなってくる。
「これ大きい…」と皆の顔に不安が走りました。背中合わせに座っていた人の椅子にしがみついたけど、椅子が揺れで動く。

「危ない、机の下にもぐって!」
ひときわ大きな揺れになった時、皆で机の下に逃げ込みました。おそらく震度5くらいになった時だったと思います。
大きな大きな横揺れ。狭い机の下にいても、右に左に体が持っていかれる。机の上から色々な物が床に落ちてくる。建物全体からすごく大きな音がしていたと思うけど、その記憶はあまりはっきりしていません。「うわ、怖いよ…」と、近くの席の人が呟いていたのをよく覚えています。

いつまでもいつまでも大きな揺れがやまない。一体いつまで!?と体を支えながら耐えました。あの揺れは、一生忘れられません。
体感時間で、本震がやむまで5~6分でした。実際、いわき市の震度4以上の揺れが続いた時間は190秒だったそうです。最初から最後までの時間を考えると、5分以上というのはかなり近い数字だと思います。

ようやく地震がやみ、机の下から出て、呆然と周囲を見回しました。天井のエアコンの蓋は外れ、壁がところどころ壊れていました。すぐに自宅に電話をかけたけど、携帯も会社の固定電話も既に通じませんでした。
机の上から、3キロもあるような機械が落ちてたけど、その音にも気づかなかったことに驚きました。

幸い、この時は停電はしていなかったので、パニックになるほどの恐怖はなかったです。
通路に出て、周りの人と「大きかったね…」と話し、「これ、大きな余震来るよ…」と身構えていると、すぐに余震が。再び机の下にもぐりました。

しばらくして、駐車場に避難するように誘導されました。

やっぱり1回で終わりませんでした。まだまだ続きます。

| | コメント (0)

2011年5月22日 (日)

震災への備えプチ知識

今回の震災で得たプチ知識です。
「災害への備え」みたいなのは散々あちこちで特集されているでしょうから、そういうんじゃない感じのものを。

まず、原発周辺の地域の皆さんへ。
助けは来ません。悲しいことですが、それが現実でした。覚悟しましょう。
もちろん行政は動いてくれますが、物を届けてくれる人がいません。運送会社や運転手が被災地入りを拒否します。しばらくは自分達で生き延びる覚悟が必要です。

それと、物資は避難所には届けられますが、自宅避難者の元にはすぐには届きません。

■小さな商店が助けになる
小さなショボイ(失礼なw)スーパーや、「○○商店」みたいな小さなお店をチェックしておきましょう。
震災時、大きな全国展開のスーパーは店を開けることができませんでした。効率を重視しているため、集積所が一箇所やられたら、もう物が入ってこないんですね。いわき市では一番大変だった本震直後の2週間、店を開けることができたのは、独自に商品をかき集めた地元スーパーでした。
ただ大型店舗は人が殺到するので、数時間待ちの行列が出来たりします。ですが、小さな商店は地元の人しか知らないので、ほぼ並ばずに買い物出来ました。在庫だけで結構しのげますしね。

■水がもらえる場所をチェックチェック
どこに「非常用地下貯水施設」があるかチェックしておきましょう(自治体によって名前は違うかも?) 市民会館や学校にあります。あとは最寄の浄水場の場所もチェックしておくとよいと思います。
山の中の湧き水は、地震で濁ったり、そこに行くまでの道路が不通になったりというケースもありました。

■一人一個、旅行用バッグを持とう
私も家族も旅行をすることが多いので、それぞれ旅行用バッグにいつでも一泊旅行に行けるくらいの準備はしてあったんですね。なので本震の日、いつでも避難できる準備はあっという間に出来ました。

■切らしちゃいけないモノ
・いつも飲んでいる薬は切らさない。出来れば1週間分くらいは手元に置くようにすること。病院が開いているとは限りません。最低、自分が飲んでいる処方薬の名前くらいは分かるようにしておくこと。薬局でもらえる説明書を持っていればOKです。
・せめて数万円の現金は常に持っているようにしましょう。本震直後、クレジットカードも電子マネーも使えませんでした。銀行もコンビニもすぐに開くとは限りません。
・ガソリン不足で、どれだけ行動が制限されたかっ…! エコであろうとなかろうと、ガソリンが空になるまで乗るのは避けるようになりました。と言うか、半分まで減ったら必ず給油してます。

■情報は命綱
とにかく携帯は手放さないこと! 
・車を持っている人は、停電に備えて車にも充電器を置くことを強くお勧めします。
・震災情報を拾うには、twitterで地元ラジオやテレビ局をフォローするのがお勧め。あと、mixiの情報交換トピの口コミが役に立ちました。
・友人知人からまわってきた情報に、どれだけ助けられたかわかりません。あとどれだけ精神的に励まされたか。会社の同僚は電話番号しか知らないというケースもあると思いますが、メアドを交換しておいた方がよいですね。
・透析とか、難しい病気を持っている方は、近隣の市町村で治療を引き受けてくれる病院を調べておくとよいと思います。実際に知人のご家族が、あと一日透析出来なかったら死んでいた、というところまで追い込まれました。(市内の病院は断水と治療機器の地震による故障で引き受けることが出来なかった)

| | コメント (0)

«応援したくなるセブンイレブン